品番なし 童夢 S101 2001 開発スケッチカラー

ミニカーショップ ディーズ・サーキットです。

数が増え続けるコレクション。
いつか、きちんと整理して
カッコよく飾りたい…
しかし、一向に前に進まず、はや数年!

この前、久々にミニカー整理していると
経年劣化が出始めているモデルがあり
急に焦りだしました。

飾れないまでも、
とりあえず、綺麗なうちに画像だけでも撮っておこう!

ということで、秘蔵のコレクションを
撮影し、ついでブログにアップすることにしました。

その1台目は、童夢 S101です。

童夢は日本でも数少ないレーシングカーの設計・製造を行うコンストラクター
レースに興味が無い方でも
スーパーカー童夢 ゼロはご存知でしょう。

童夢 S101
イメージ 1

ベースはS101の2001年初年度のモデル。

シンプルなカラーリング

ホワイト1色のカラーに
フロントセンターにオレンジで「童夢」の漢字ロゴ
ボディサイドにはブルーの「DOME CARS」ストライプ。

童夢 S101
イメージ 2

童夢 S101
イメージ 3

童夢 S101
イメージ 4


童夢のホームページを調べてみると、
「NEWS/REPORT」の「Oct.11.2000 LMP車両開発のお知らせ」で
同じカラーリング(マシンの形状は異なります)を見つけることが出来ました。

どうやら、S101 開発スケッチのカラーリングの様です。

更に調べると、童夢のホームページ「ミュージアム」⇒「トイ」⇒「ミニチュアカー1」で
このモデルが紹介されています。
※ 画像のみ ミニカーの説明なし

このカラーリングのS101
童夢のホームページ以外では見かけないので、童夢に少量納品された非売品と推測されます。

童夢 S101
イメージ 5


童夢の関係者もミニカーが好きなのか?
それとも?

実は、童夢 S102にもEBBRO唯一?といえる
モデルがあります。

次回は、そちらを紹介いたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※お願い
このブログの内容に関して、すべて当方の推測で書いています。
事実と反することもあるかもしれません。
その場合は、事実が判明しだい訂正していきたいと思います。
その点、ご了承ください。

例によって、間違ってもエブロの製造元であるMMPへの問い合わせはご遠慮ください。
大人の対応をお願いいたします。
(C)ミニカーショップ ディーズ・サーキット 2018
でも、当方への情報提供は大歓迎です。